引渡し準備

 

 1.所有権移転登記の準備

 

登記申請は司法書士に委任するのが一般的です。司法書士や不動産会社に必要書類をしっかりと確認して、漏れのないよう準備します。

特に、登記記録の住所と現住所が違う、登記識別情報または権利証を紛失してしまった場合などは、所有権移転登記に特別な手続きが必要となり費用もかかります。これらの手続きは極力早く進めましょう。

 

  

 

 2.抵当権の抹消の準備

 

売却物件に抵当権が設定されている場合は、ローンを借りている金融機関に残債額の確認をして、ローンの全額返済と抵当権抹消のための準備を進めます。特に、抵当権抹消にかかる金融機関のスケジュールと引き渡しのスケジュールをしっかりと調整することが重要。

 

 

 

 

 3.土地の実測や境界確認

 

一般的に土地家屋調査士に依頼します。境界の確認は隣地所有者も立ち会った上で行いますので、しっかりと対応しましょう。特に、境界がよく分からない、境界から越境しているものがある、隣人とトラブルがある場合には時間がかかることもありますので、早めに依頼しましょう。

 

 

売却の相談はランドオーナーへ

お問い合わせはこちら