STOP「囲い込み」

 

 囲い込みとは

まず、何かと話題の「囲い込み」とは何かです。

不動産の売買取引では、売主と買主という取引の当事者がいます。そして、それをサポートする不動産業者には、売主側の元付け仲介業者と、買主側の客付け仲介業者がいます。物件の売買が成立したときには、元付け業者には売主から、客付け業者には買主から仲介手数料が支払われます。

これは、ごくごく普通のレギュラーなカタチです。

 

しかし、売主から土地や住宅などの売却を依頼された元付け業者が、自社で買い手を見つければ売主、買主の両方から手数料を受け取ることができます。これが、必殺「両手取り」ですね。

 

不動産仲介業の収入源である仲介手数料(※)の上限は、3%+6万円。例えば、3000万円の物件を頼まれ、それが売れれば96万円。しかも、自社で直接購入者を見つければ、必殺「両手取り」なので96万円の2倍の192万円を受け取れるというわけです。 ※仲介手数料についてはコチラ

 

会社の利益も営業マンの成績も2倍になるので、他の客付け業者から問い合わせがあっても、「すでに申込みが入っています。」などとウソを言って、事実を隠すことを「囲い込み」と言います。

このような行為は、宅地建物取引業法で禁じられている、立派な法律違反です。 

 

 囲い込みは首都圏だけの話じゃない

 「両手取り」を意図的にねらって、情報を操作して他の不動産業者に客付けをさせないようにしたり、正常な流通を阻害する行為は実際に仙台近郊でもよくあることです。

(どこの会社とは言いませんが、実際に私が問合せた物件がいつまでも成約済みにならなかったり、問合せをしても担当者が不在なのでと、情報をもらえなかったりしたことも。)

 

これって、売主の利益を無視していますよね?

 

さらに、相談している不動産業者が、自社の利益欲しさに「両手取り」の物件だけを売り込んできたら・・・完全に、自分らしい住まい探しが出来なくなってしまいますよね?

 

残念ながら、売主、買主の利益よりも、自社の利益を優先してしまうのが、不動産業界の暗黙の常識になっています。 

 

 囲い込みをされない為には

まずは、囲い込みをしそうな不動産業者には売却依頼をしないことが一番なんですが、業者は「うちは囲い込みしますが、何か?」なんて言ってくれませんからね。見抜くのは難しいかもしれません。

要注意は、《うちだけに任せて下さい》《査定金額がやたら高い》ですかね。理由は省略しますが。

 

本題に戻ります。

事前に囲い込みを防ぐ方法は「他の不動産業者などから問合せがあった場合にもキチンと情報を開示して下さい。」と、言うことです。

はっきりと、囲い込みはするなと言われ、これでもやっちゃう業者はよっぽどです。

 

それでも不安なら、売却依頼をして、一週間〜二週間後に、適当な不動産会社を名乗り、または他の不動産業者にお願いして、ご自分の物件を問合せてみて下さい。もし、売主ご自身に申込みが入ったと連絡がないのに、問合せで「その物件は買付けが入ってて契約の日程調整中です。」なんて言われれば、クロですね。即、媒介契約を解除(※)しましょう。

※媒介契約はいつでも解除することができます。媒介契約についてはコチラ

 

不動産の相談はランドオーナーへ!

お問い合わせはコチラ