ありえないでしょ!その仲介手数料

 仲介手数料の上限

顧客から貰える仲介手数料の上限は、3%+6万円と法律で決められています。ただ、この3%+6万円というのは上限であって、必ずこの金額を貰いなさいということではなく、その上限額の範囲内で手数料の額を決めて貰いなさいということです。

ですから、極端な話、無料でも全然OKなのです。

 

 現在の仲介手数料の実情

 昔からほとんどの不動産業者が手数料の上限額満額を当たり前のように請求し、ユーザーはそういうものだと思い込み、当たり前に支払っています。

これって、おかしいと思いませんか?

だって、ユーザーと一緒に本気になって的確なアドバイスも提案もできる業者の手数料と、たまたま何もせず契約が決まって、書類だけ作った業者が貰う手数料が同じって、どう考えてもおかしいですよね?

 

 不動産仲介はこうあるべき

 私は、ホントにユーザーにとって有益な仕事をした不動産業者であれば、きっちりそれに見合う手数料を請求すればいし、またそれとは逆に、ユーザーにとって有益な仕事をしない(できない)不動産業者はそうすべきではないと思います。

つまり、不動産仲介(特に一般のユーザーが取引の当事者の場合)の定義を、ユーザーをコンサルティングするための報酬とすれば、不動産業者は安易にウソをついたり、事実を隠したりせず、もっとちゃんと仕事するんじゃないかなって思います。そうすればユーザーはもっと楽しく真剣に住まい探しができますよね?

 

 払う相手をユーザーが選ぶ

 世に出ている売り物件のほとんどは、どこの不動産業者でも仲介できる仕組みになっています。ですから、ご自身で仲介手数料を払っても良いと思える会社選びをすることが大切と言えますね。

 ちなみに金銭面だけでお話しすると、基本、大手の不動産会社は仲介手数料を満額請求し、安くしてくれることはほとんどなく、融通もききません。その会社の営業担当が経験豊富なベテラン営業マンでも、右も左もわからないような新米営業マンでもです。

中小企業ですと多少は融通がきくみたいですが、個人でやられている不動産屋さんが一番でしょうかね。

 

 ランドオーナーの仲介手数料

 少しでも楽しく住まい探しができ、費用負担も抑えられるよう、

一律「20%off」です。

 

例えば、3000万円の物件の場合、

他の不動産会社だと・・・仲介手数料は96万円+消費税

ランドオーナーだと・・・仲介手数料は76.8万円+消費税

その差は実に、約20万円!

 

※ 「20%off」は一般のお客様で住宅用地及び戸建て住宅の仲介の場合に限らせていただきます。

 

不動産の相談はランドオーナーへ!

お問い合わせはコチラ